81ゲーム:紹介

フォーティーワンゲームの兄弟分、81個のビー玉の取り合いゲームです。

基本ルールは隣合うビー玉を飛び越えて取るだけです。

注目は中央に3つある白いビー玉です。この白いビー玉は、取ると自分の手駒として、いつでも使うことができます。

白いビー玉をいつ使うかの判断や、いかに1回に多くのビー玉を取るかが、勝敗を分ける鍵です。

やってみると簡単なため、世代を超えて対戦できるのが特徴です。

81ゲーム:ルール

ルールは超シンプル!

1:Start!

①対戦ゲームです。最後に持ち玉の多い人が勝ちです。

②最初は1個づつ、好きな所の玉を抜きます。

※ただし、最初に白玉は抜けません!!

2:1個飛ばし

①隣の玉を飛び越して、空いている所へ置きます。

②飛び越された玉は盤上からはずします。飛び越した人の持ち玉になります。左の図のようにタテ・ヨコにだけ飛び越せます。

注意:ナナメトビはできません!

③白玉を動かして玉を取ることもできます。

④飛び越せる玉がなくなったらゲーム終了で、持ち玉が多い人が勝ちになります。

3:連続飛び

①最初は1個づつしか取れませんが、図のように連続飛びができるようになります。

(ゲーム中盤はスペースが出来るため。)

②普通のトビだと1手で1個の持ち玉が入りますが、連続飛びだと1手で2個以上の持ち玉が入ります。

4:白玉の使用方法

①白い玉は特別な玉です。白い玉を持ち玉にしておくと図のように自分の番に好きなところに置いて連続飛びが狙えます。

※ただし、白い玉で白い玉は飛び越せません!!

勝つためには白玉を活かせ!

先祖代々から受け継いだ武田家の古文書から生まれた41ゲームを基に作られた81ゲームでも「勝つため」の戦略が必要です。

①将棋や囲碁のように何手か先を読む

②白玉を持ち玉にする

③白玉を使うタイミング

④白玉を使うときは、白玉を最後に置いてくるため、相手に取られない所でなるべく沢山連続飛びできるときに使う

お知らせ/NEWS

Stay in Touch
お問合せ

お問い合わせいただきました内容は、弊社の掲げる個人情報保護方針に沿って管理し、お客様の同意なく第三者に開示・提供することはございません。
詳細につきましては、当サイトの「プライバシーポリシー」をご参照ください。

山梨/日本発祥の素晴らしいボードゲームの魅力をより多くの人に知って頂き、楽しんでいただくために活動していきます。皆さん是非、ご協力、応援のをよろしくお願いします。